一般的に膝が痛むのは、膝関節の軟骨がすり減り潰れてしまい骨と骨とがぶつかるためだと言われています。

また膝関節を滑らかに動かすために滑液というものが周りに満たされているのですが、軟骨がすり減り滑らかに動かなくなると防衛反応により、もっと滑液を出すので膝に水が溜まるという状態になります。

ところで、膝関節のすり減り方を気にしたことはありますか?

全体的にグシャッと潰れることはまれで、程度の差はありますが、よく診るとあなたの脚はO脚やX脚ではありませんか?

つまり脚のどちらか片側にねじれながら歪み、潰れていくことがほとんどです。(膝の内側が痛い、外側が痛いというのもそのためです。)

捻れの歪みは、逆方向に捻れをとっていく施術でないと痛みはとれないですし、一時痛みがとれてもまた再発しやすくなります。(スポーツ選手が膝の手術をしても、また再発してしまうのはそのためです。)

私は、手技でこの捻れを元に戻していくように施術します。