レントゲンなどを撮っても、何の異常もないのに腰が痛い。逆に、ヘルニアと診断されても腰は全く痛くないという人が多くいます。

いまだに腰の痛みの本当の原因が医学的には解明されていません。最近では、脳が以前の痛みを記憶して、その記憶が痛みの原因と考えて脳の記憶を新しいものに変える医療もでてきました。

次に整体的な考えで、腰の痛いあなたは今までベルトの当たる左右の腸骨(一般的には腰骨とよく言われているところ)の高さの違いや、お尻のふくらみの左右の高さ(大きさ)の違いを感じたことはありませんか?

実は、腰の痛みは臀部の左右の筋膜や筋肉のねじれ(スパイラル)が腰部を引っ張っていて、痛みの原因になっていることが多いのです。(腰痛の時に、無意識にお尻を叩いたりお尻をマッサージすると少し痛みが和らいだりするのもそのためです。)

私は、手技でこのねじれを元に戻していくように施術していきます。

施術をしていて、身体のなかの歪みを手に感じる度に、やはり人は歪んでいるところが脊柱神経を通って脳に痛いと伝えているのだなと思います。