患者さんとの挨拶等で、そろそろ年末が近づいてるという言葉が交される時期になってきました。
昨日6回目の施術にいらした方は、10年前の重い荷物を持って腰を痛め動けなくなって以来の右脚腓骨(外側)のふくらはぎとアキレス腱の境目あたりのずっとある痛みと、歩いていると痛くなり休憩しなくてはいけなかった左股関節の痛みがだいぶ軽減されたと言っていただけました。
施術をしていても、施術箇所だけを一生懸命ロックを外している感覚から別の箇所までロックを外すように感じられながらの施術に変わってきました。
全身が身体の中で繋がるようにしていきましょう。