肩の痛みは、肩~首にかけての痛みか、肩~腕にかけての痛み、もしくは首~肩~腕にかけての痛みが主で、首にまで痛みがある人はそのまま頭にまで痛みがくる人も多くいます。

痛みの種類も、鋭い痛みの人もいれば、その手前の鈍痛(コリ)の人もいます。

背中の痛みでも書きましたが、肋骨の左右の幅の違いがある人、肩の高さが左右で違う人、剣状突起が見当たらない人、さらにアゴ関節が口の開け閉めでゴリゴリ音のする人痛みのある人が身体の捻れの歪みが原因で痛みを発症しています。

身体の中心・土台である股関節から施術するのですが、股関節から遠い位置にある頭や腕・脚~足は、何回か施術していかないとほどけてこないことがあります。

自分自身もそうだったのですが、昔はアゴが痛くハンバーガーが食べられないことがありました。

自分で自分を施術しているとき、頭痛のところまで施術が進んだとき、アゴがゴリゴリいうようになりました。そこから頭痛の頻度が減り痛みの程度も楽になりました。

今では、頭痛もなくアゴのゴリゴリも少なくなりました。やはり、知らないうちにアゴの歪みもあったようです。

アゴがユルみゴリゴリすることで頭骨の歪みもとれてきているようです。