最近の整体院やサロンなどにはモアレなどの施術前・後で姿勢の変化を見せるところも多く出てきました。

もちろん、良い方法でもありますが痛みという観点からいうと、レントゲンやCT でも異常なしと診断されても痛い方と、見た目で身体が曲がっていて痛そうな方でも全く痛くないということがあります。

つまり、曲がって圧がかかっているところが神経圧迫をして脳に痛みとして信号を出しているかいないかが、痛いか痛くないかの差になっています。

身体の中で痛みの圧迫は、外見ではなく骨と骨との間の軟骨(関節)に動き(遊び)があるか無いかで診ることが大切になってきます。

当院では、画像診断は病院に頼って頂いて触診や脚の長さの違いという整体でしか診ない方法を重視しています。