大多数の患者が年をとると、あちこちに痛みが出て嫌になると言います。

様々な年齢の方を施術で触ったり、話しを聞いたりしていると若い時には、痛みが無く違和感程度だった、もしくは痛くても何日かしたら痛く無くなったと言います。

やはり、年齢と共に筋肉の水分量が減ってきて骨と骨の間から出ている神経が歪みによって圧迫され、その圧迫された通りの箇所が不具合を生じているのだなと感じます。

若く筋肉に水分がしっかりあるうちは、歪みはあるけど骨と骨の間にゆとりがあるので、痛みまでの神経障害が出ないとも感じます。

もちろん、若くても歪みが激しくて痛い方もいますし、歳をとっていても歪んではいるが神経圧迫を起こしていなく痛みが無い方もいます。

やらり、施術の回数も若くて筋肉に水分量がしっかりある方のほうが少ないです。

秋になり、外出もしやすくなったので自分の身体の調整にいらしてみてはいかがでしょうか??