60代 女性 立ち仕事

以前、左肩が痛くブロック注射をした経験があり、今回はそれと同等の痛みが右肩におこり、右腕の痒みにまで症状が出たので紹介により来院されました。

ゴール:仕事を集中して出来るようにすると共に、趣味とボランティア活動を今後も続けていけるようにする。

1回目:全身の硬さ感じられ、それを少しずつ緩めていくことに専念した。

2〜4回目:横隔膜付近の硬さが目立つので、そこを緩めていく。

少しずつ患者さん自身が身体の緩みを感じてきました。

5回目:施術後に右肩から腕にかけて身体の繋がりが感じられるようになった。

6回目に来院した時に、右肩の辛さが取れて同時に右腕の痒みも無くなったと報告いただきました。仕事もちょうど忙しい時期に入ったが、大丈夫だったそうです。

6〜9回目:その間に1回だけ右腕の痒みを感じたことがあるが、その1回だけで今でも大丈夫になった。

その後は、1か月〜1.5か月に1回のペースで施術を重ね、今後も更に骨格を本来の位置に近づけていき、仕事を辞めても趣味とボランティアに目一杯動ける身体を手に入れるようゴール設定をして、継続中